人気ブログランキング |

やんばる学びの森の遊び方


by atabii
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

第4回 くんじゃん山学校 竹で作ろう!

はいさい!
本日(10/27)
第4回くんじゃん山学校やっりまっした~!(^^♪

f0121321_16561976.jpg
今回と次回はホウライチクを使った竹で何かを作る!っです!
山学校初の2回連続講座となっております。

講師は竹細工作りおよそ80年の大大大ベテランの「高嶺正夫さん」
高嶺さんの作品は、国頭村の「サンストアー」でありえない安さで販売もしております。
興味があれば見に来てください(^^)/

まずは必要な竹を取りに行くところから…
f0121321_16565701.jpg
f0121321_16555826.jpg
f0121321_16555429.jpg
なかなか太くて立派に育った竹がたくさん!
みんなで切ります切ります!

f0121321_16563362.jpg
切った竹の枝葉は使わないので、それも切り落とします。

f0121321_16561976.jpg
切り出した竹は50本以上!
みなさんよくがんばりました~('ω')ノ

f0121321_16570341.jpg
ついでに何か生き物がでたら観察するのが山学校の醍醐味
相変わらずの歩く図鑑「佐藤寛之さん(沖縄生物倶楽部)」は流石です。

f0121321_16571761.jpg

高嶺正夫さん  実演動画 こちらをクリック!

切ってきた竹は薄く割いて「竹ひご」にします。
達人の手さばきすごすぎます…
さらっと竹を割いていますが、これがまっっっっっったくできない!(;^ω^)
どちらかに偏ってしまうので、途中で厚くなったり薄くなったり切れなかったりします…
竹細工作りおよそ80年は伊達じゃないですね。
f0121321_16573588.jpg
f0121321_16573500.jpg
実演を見た後は、めいめい竹ひご作りに集中!
自らの腕をひたすら磨くべし!の時間になります。

割って、割いて… 割って、割いて、割いて、割いて…

気付いたら終了時刻に(笑)

ホウライチクはやんばるでは地区の境界線として植えられていたり、暮らしに必要な竹細工作りに利用されたりしておりました。
今では使わなくなってしまったため、あちこちで放置されております。
「利用する文化」は残していきたいものですね。

次回は作った竹ひごでカゴか何かを編んでいきますよ~


さいとう



by atabii | 2019-10-27 17:44 | イベント情報 | Comments(0)