やんばる学びの森の遊び方


by atabii
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0121321_2125459.jpg

森の中の小さな池にはどんな生き物が棲んでいるんだろう? 生き物の専門家の人が長靴をはいて、調査をしていたよ。池にはアメンボにマツモムシ、ミズスマシなどいろんな水棲昆虫がいたらしい。

f0121321_2141090.jpg

干上がって固くなった赤い土の上には、「ヤンバルクイナ」の足跡もあった。周りには他にもいろんな大きさの鳥の足跡やカエルの足跡だらけ。小さな池だけど、そこを利用する生き物はたくさんいるのかな? もっともっと知りたくなった!
[PR]
by atabii | 2006-09-25 21:22 | 森の様子 | Comments(0)

「キャノピーテラス」

f0121321_19174053.jpg

森の中に「クロイワツクツク」というセミがいた。このセミが出てくる頃から、沖縄は秋の気配が感じられてくるんだ。

f0121321_19182598.jpg

しばらくいくと、「ネイチャートレイル」の目玉の1つ「キャノピーテラス」の足場が組まれていた。あんなに高いところから眺めたら、どんな森が見えるのかなぁ。
[PR]
by atabii | 2006-09-16 18:44 | 森の様子 | Comments(0)

「ネイチャートレイル」

f0121321_19252632.jpg

やんばる学びの森の「ネイチャートレイル」は、なるべく木を切らないように現地で細かくルートを設定しながらつくっているんだ。

f0121321_1927710.jpg

これはピンファンデーションという工法で、長さ3m位のピンを土中に打ち込んで土台にし、この上に支柱を立てて、ウッドデッキをつくっていく。どんな「ネイチャートレイル」ができるのかとっても楽しみ!
[PR]
by atabii | 2006-09-08 10:28 | 森の様子 | Comments(0)

やんばる学びの森とは

f0121321_1822286.jpg


f0121321_18232144.jpg


f0121321_18241729.jpg


f0121321_18245341.jpg


f0121321_18353971.jpg

[PR]
by atabii | 2006-09-05 00:23 | 主旨
f0121321_1742388.jpg

九州本土の南、屋久島、種子島から沖縄島の与那国島までの約1300kmの洋上に浮かぶ大小の島々は、南西諸島と呼ばれている。その南西諸島の代表的な島である沖縄島は、長さ約130km、幅の平均が約10km、面積1200k㎡の南北に細長い島なんだ。

f0121321_17423374.jpg

沖縄島北部は、沖縄島最高峰の与那覇岳(503m)を中心に北に西銘岳(420m)、南に伊湯岳(446m)などの山が連なり、海抜200m以上の山地が多くの面積を占めている。海抜は低いけれど、山地には谷が深く刻まれ、海岸線まで急峻な山地が迫っているところも多く見られる地形の変化に富んでいるところだ。

f0121321_17432863.jpg

沖縄の最北端にある国頭村(くにがみそん)は、県内では4番目に広い面積を持っているけれど、その大部分は山地なんだ。農業が主な産業で、サトウキビを中心に山間地特有の産物であるお茶、パイナップル、柑橘類の栽培が行われている。

f0121321_17445828.jpg

沖縄島北部には5つのダムがあって、ダムの水は中南部で生活する人へ主に供給されている。やんばる学びの森は、その5つの中の1つの安波(あは)ダム(クイナ湖湖畔公園)にあるんだよ。
[PR]
by atabii | 2006-09-03 00:00 | 主旨

プロフィール

沖縄本島の最北端に位置する国頭村(くにがみそん)は、深い森と豊かな水、さまざまな生き物たちとそこで生まれた風土や生活文化に恵まれた場所で、「やんばる(山原)」と呼ばれている。

ぼくは、そんな森と水の村にひっそり棲んでいるナミエガエルの「あたび〜」です。

このブログでは、2007年4月27日にプレオープンし、7月21日にグランドオープンする「やんばる学びの森」の遊びのゾーンエリアを紹介していきますね。

ゴワッ、ゴワッ!
[PR]
by atabii | 2006-09-01 22:10 | プロフィール